交換留学

交換留学について

本校では、生徒に国際的な視野を持たせるためにオーストラリアのメルボルン・グラマー・スクール(Melbourne Grammar School)との短期交換留学制度を設けています。

毎年夏休みに、高1・高2(2021年度より高1のみ)の希望者10名程度を教員引率のもと派遣し、MGS生宅にホームステイしながら2週間通学し、交流を深めています。

また、派遣生だけでなく他の生徒にも国際感覚を養ってもらうために、2学期または3学期に 、MGS からの留学生を受け入れています。

この制度は、姉妹校としての両校の友好関係と、受け入れてくれるご家庭の善意に基づいて「相互派遣・相互受入れ」の形で運営されています。

早稲田&MGS交換留学プログラムの特色

  1. このプログラムは、早稲田高校とメルボルン・グラマー・スクールが主催するものです。
  2. ESLの授業(英語を母国語としない人を対象にオーラル・コミュニケーションの向上を目指す授業) を受けるだけでなく、MGSの通常授業にも参加します。
  3. 原則として、日本語を学習しているMGSの生徒の家にホームステイをします。
  4. 派遣するだけでなく、2学期または3学期にMGSの生徒を早稲田高校で1週間または3週間ほど受け入れています。
  5. 6・7月に様々な分野の事前指導を受けた後に、プログラムに参加します。
  6. 帰国後、秋に行われる興風祭(文化祭)でプログラムの成果を発表します。

派遣プログラムの標準スケジュール(例年7~8月)

日次曜日都市名行動予定宿泊
初日東京発夜行便にて羽田空港出発機内
2シドニー着早朝シドニー空港着 シドニー市内研修(終日)ホテル
3シドニー発午前中にシドニー空港出発 メルボルンへ向かうホーム
ステイ
メルボルン着MGSバスで学校へ 午後にホストファミリーと対面
4メルボルンホストファミリーと過ごす
 8:30-8:558:55-11:0511:05-15:40放課後
5メルボルンHouseESLの授業Campus Tour+授業週に2日は
クラブ活動
6HouseESLの授業通常授業
7SHRESLの授業授業+Como House Educational Tour
8HouseESLの授業通常授業
9SHRESLの授業市内班別研修
10ホストファミリーと過ごす
11ホストファミリーと過ごす
12SHRESLの授業通常授業週に2日は
クラブ活動
13HouseESLの授業授業+Aboriginal Heritage Walk
14ヒールスビル野生保護区研修
15HouseESLの授業通常授業
16SHRESLの授業通常授業
さよならパーティー
17メルボルン発シドニー空港経由で羽田空港へ機内
18東京着(早朝)羽田空港到着後 解散 

研修都市について

ホストフレンドとの集合写真

メルボルンは人口約330万人を擁するオーストラリア第2の都市です。市街はイギリスの伝統が強く、美しい街路と多数の公園を誇り「ガーデン・シティー」とも呼ばれています。金融の中心都市として発展し、国内のトップ企業の多くはここに本社を置いています。

一方で、世界中からの移民が住む多国籍都市でもあり、重厚なイギリス風の美しい街並みと文化の多様性が相まって、世界で最も住みやすい町のひとつともいわれています。

研修校について

シドニー研修

メルボルン・グラマー・スクールは、英国国教会系キリスト教の理念に基づいた私立の中高一貫校です。Year 9 ~Year 12 (15歳~18 歳) の男子約 780 名が学んでいます。

キャンパスは市街地から車で5分の緑繁れるサウス・ヤラ地区にあり、歴史は本校よりも古く 1858年の創設です。現在までに、3人の首相をはじめ、南極探検家、大学教授、芸術家、俳優など、国のリーダー的存在を数多く輩出しています。

‘ Fostering Leadership & Learning ‘ を目標に教育が行われ、ヴィクトリア州のVCE という統一テストでは、卒業生の半数以上が州のトップ10%に入る屈指の進学校です。