• 初期の寄宿生たち。前列左四人目から大西熙、坪内逍遙、大隈英磨、今井鐵太郎、増子喜一郎。(1897年)
  • 第1回生卒業式記念写真。卒業生19名。大隈邸庭園温室にて。(1899年4月9日)
  • 第1回東都中学野球大会で優勝した早中野球部。中央右、山口大蔵部長、左、増子喜一郎幹事。(1910年)
  • 大正時代の校舎。
  • 第5代校長・中野禮四郎の勤続三五年祝賀会。(1932年)
  • 新講堂を興風館と命名。落成式に竹田宮を奉迎する全校生。(1934年)
  • 1935年頃から戦禍による焼失までの校門。
  • 巻脚絆(ゲートル)をつけての朝礼。(1941年頃)
  • 米軍の初空襲により校庭にて焼夷弾の犠牲となった当時4年生の生徒の報国団葬案内。(1942年4月18日)
  • 「滑空班」による校庭でのデモンストレーション。右、飯島武幹事。(1943年頃)
  • 戦後間もないころの生徒たち。
  • 早稲田高等学校第68回生卒業式。卒業生392名。(1966年)
  • 1979年1月、早稲田大学の系属校化に関わる調印がおこなわれた。左から村井資長前早大総長、清水司早大総長、大隈信幸早高理事長(いずれも当時)。
  • 全天候グランド(人工芝)竣工。(1991年9月)
  • 中学校舎(2号館)竣工。(2000年9月)
  • 管理棟(4号館)竣工。(2002年2月)
大隈重信

1895(明治28)年11月、大隈重信の教育理念に基づいて、坪内逍遙、市島謙吉、金子馬治を中心に、本校は創立されました。 とくに坪内逍遙は創立後の10年間文芸の筆を絶って本校の精神的形成に邁進し、大きな影響を遺しました。 1882年、大隈重信によって創立された早稲田大学の建学の精神〈学問の独立〉に対し、本校は〈人格の独立〉を主張しています。 自ら信じ自ら恃む自立心を生徒に要求し、「逆境に処して益々雄壮」な人間の育成を理想とするものですが、それは大隈重信の人格の根本でもありました。

1896年4月、教職員・生徒100名たらずで開校した早稲田中学校は、その後長く「早中」の呼称をもって天下に知られました。
1948年の学制変更により高等学校を発足させて、今日に至っています。

本校は、青春の重要な時期を過ごす生徒に対し、中学・高校6カ年一貫教育の特色を学習・生活の両面で生かした独自の教育実践を行ってきましたが、さらに教育の充実と発展を期して、1979年4月から早稲田大学の系属校としての第一歩をふみだしました。

坪内逍遙

創立者を同じくする大学と中学・高校が「早稲田」の紐帯を確固としたのですが、一方で、独立した精神によって生徒が自ら志望するいかなる大学へも進学が可能であるような指導もなされています。 これはまさに坪内逍遙が創立期において所期した姿勢でもありました。

来る2020年、本校は創立125周年を迎えます。時代は日々厳しさを増していますが、建学の精神に立ち帰り、心身共にバランスのとれた「逆境に処して益々雄壮」な若者を世に送り出していきたいと考えています。

1895(明治28)年 11月3日坪内雄蔵(逍遙)、市島謙吉、金子馬治の三氏が集まり、大隈重信、同英麿、高田早苗、今井鉄太郎諸氏の賛同を得て、早稲田中学校創立を決定
1896年4月開校式を東京専門学校(現早稲田大学)講堂で挙行 生徒数78名
1902年9月坪内雄蔵校長就任
1921年5月校歌制定(坪内逍遙作詞、東儀鉄笛作曲)
1922年1月 大隈重信侯逝去、故大隈侯国民葬に生徒参列
1942年4月4月18日、本土初空襲。本校校庭にて生徒1名が犠牲となる
1945年5月 空襲のため学校罹災
1948年4月新学校制度により早稲田高等学校開校
1951年3月学校法人早稲田高等学校となり、早稲田中学校を併設する(高校定員900名、中学校定員900名)
1963年6月長野県諏訪郡富士見町入笠山鈴蘭寮開設
1964年6月第二校歌制定(西條八十作詞、古関裕而作曲)
1976年2月図書館理科校舎(3号館)竣工
1979年4月早稲田大学の系属校となる
1981年12月新体育館(興風館)竣工
1988年4月新高校校舎(1号館)、屋内プール竣工
1991年9月全天候グランド(人工芝)工事竣工
1993年4月高校生募集停止
1995年10月創立100周年記念式典・祝賀会挙行
2000年9月新中学校舎(2号館)竣工
2002年2月管理棟(4号館)竣工