林間学校・サマーキャンプ

林間学校

夏休みの前半、中1を対象に長野県富士見町にある入笠山鈴蘭寮にて林間学校が行われます。標高1700mを越える山の上での生活は、大いなる自然を満喫できるとともに、街中では経験することのない不便さも味わうことになります。この3泊4日の体験を通じて、生徒たちは仲間との友情を深め、さまざまなことを感じとりながら、大きく成長していくのです。

  • 入笠山鈴蘭寮での林間学校が始まる (1964年)
  • 当時の鈴蘭寮(1964年)

サマーキャンプ

中2以上の希望者対象の行事です。
中1対象の林間学校と同時期に実施されますが、それと比べてより一層、生徒主体の行事となり、入笠山の自然に親しみます。
コース別活動の時間があり、生徒が希望する野外活動を教員と共同で行います。ハンモック作り、アウトドアクッキング、土器作りなど、ユニークな活動が行われています。